現代の留学

留学とは

留学とは、学問や見聞を広めるために主に自国以外の国に滞在することをいいます。
広い意味では滞在先は外国に限定せず、自国内でも留学ということばを使うこともあるようですが、
今回は外国での留学について解説をさせていただきます。

いろいろな種類

一口に留学と言っても様々な種類があり、英語などの語学を身につけるための「語学留学」、
海外での生活を目的とした「ワーキングホリデー」、海外の大学の単位取得を目的した「大学留学」などがあります。

世界に通用する人材育成を目的として、全員の海外留学を進める大学が増えてきており、
最近では「一橋大学」が2018年度の入学生位から留学を必須単位にすることを発表し、話題をあつめました。
必要となる費用をOBやOGからの寄付金と国からの補助金で賄うなど、学生の負担をすくなく積極的に留学に
行ってもらおうという姿勢が伺えます。

費用について

古来から日本は海外の国へ人員を派遣することにより知識や文化を吸収していったという歴史があり、
近年の円高傾向を受けて留学はますます身近なものとなりつつあります。
主な日本の教育での水準が低い経営学や金融工学を学ぶための海外の大学への留学がさかんにおこなわれており、
その他には語学のみを目的とした「語学留学」や生活体験を目的とした「ワーキングホリデー」が続いています。

一方で、費用についての問題は未だに多く残っており、留学助成を行っている財団などは存在しているものの門戸は狭く、
現在の留学のほとんどは、私費によって賄われています。

留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)

http://www.beo.co.jp/

コメントを残す

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>